新しいかたち

先日、私の住む町でお祭りが開催されました。

いつもなら、道路を通行止めにして2日間開催されますが、
今年は1日だけ、そしてなんとドライブスルー形式での開催でした。
いろんな事が新型コロナ感染拡大防止の対策をとりながら、
試行錯誤している様子を感じます。

ここのところ、新型コロナ感染者数の増加がとまらない状況です。
感染防止対策を充分に。
どうぞ、皆様お気をつけて。

映画「浅田家」をみる

新コロナ禍の中ですが、合間を見てフラッと映画を見に行きました。

たまたま、開始時間にちょうど間にあったのが「浅田家」でした。

昭和の著名な写真家木村伊兵衛に影響を受けた父親が始めた写真館。その二代目の青年の写真家としての成長を、家族のつながりやその寄り添い方などとともにリアルにユニークにかつ楽しく伝えてくれる作品でした。

 特に、青年が東北大震災に際して、現地の被災写真数十万枚の発掘、収集、洗浄、再生、本人たちへの返却などへの献身的なボランティアセンターの活動に打ち込む姿を心温まるタッチで描いていました。その中で特に、津波被災で長く行方不明だった娘さんが、ようやく見つかり葬儀にこぎつけた父親が、「でも遺影の写真がない、何とか探してくれないか!」と必死の形相でそのセンターに駆け込んできたときのエピソードには、久しぶりに?私も心底から感動、「よかったね」と心でつぶやいておりました。

皆様、機会があったら是非ご覧になってみてください。

コロナ前と同じ形にはもう戻れない、とのコメントもあふれかえっている感じですが、人や家族の命や暮らしを守ること、はどうしても譲らずに確実に残さなければならないと思います。

 家賃支援制度など国や都の支援給付関連の活用などの御検討はお済みですか?あきらめずにご利用いただきたいものです。期限があるものもありますのでお早めに。 

ご相談もご遠慮なく、ご連絡ください。

立冬

気が付くと、今年もあと2か月を切りました。
暦の上でも立冬を迎えつつあり、冬の気配を感じる日々が続いています。

今週は文化の日がありましたね。
私が小さい時は文化の日に学校の催しとして秋祭りをやっていたので、
毎年この時期になるとさつまいもが食べたくなります。

また11月15日には日本商工会議所主催簿記検定が開催されます。
今年度の試験は前年とは異なり、受験数の定員制が設けられました。

今年度は新型コロナウィルスの影響で6月が中止になったこともあり、
11月の試験には沢山の希望者が集い、各会場それぞれ初日10分程度で
応募締め切りと試験すら受けられないという人が多数いらっしゃると思います。

(実は私も11月の受験参加受付枠から外れてしまいました)

通常6月と11月に1級試験があるのですが、来年の2月に今年度6月分の
振替開催をされるということで次回は2月に行うとの事ですので、
受験される方は一緒に参加できるよう準備を整えていきましょう。

海外でのコロナ対応

ある記事でコロナウイルスの支援が手厚い国のランキングを
見つけました。

日本はなんと3位でした!

確かに諸外国の支援策と比較してみても
被雇用者、企業ともに遜色ない印象を受けました。

支給手続きの簡易化、入金までの期間の短縮が
今後の課題かと思います。

長期戦となっているコロナとの闘いですが
予防をしっかりしてNew Normalに慣れていきたいと思います。

朝晩と肌寒くなってきました。
年々、秋が短くなっている気がします。

先日、念願のアップルウォッチを手に入れました。
今のスマートウォッチは時間を見るだけでなく、着けているだけで脈拍や運動した際に消費したカロリーなど色々なデータを取れるようになっており、驚くばかりです。

芸術の秋、食欲の秋…と魅力の多い秋ですが、今年はダイエットの秋。
アップルウォッチを活用して運動をこまめに取り入れたいです。