新生活の心得

4月に入り新年度がスタートしました。
新しい環境で新しいことを始める人も少なくないかと思います。

この時期は特に、新生活の慣れない環境特有の緊張感や人間関係に
疲れを感じやすい時期でもあります。

そんな時こそ、「休む」を意識してみるのはいかがでしょうか。

寝具や趣味等の心や身体が休まるものをこの機会に充実することで、
ストレスを軽減させることも可能ですし、
オンとオフの切り替えによってメリハリのある生活になるかと思います。

新生活でついつい無理をしがちですが、
「休む」の意識で少しでも新しい環境、プライベートともに充実する
新年度をお過ごしいただければ幸いです!

高尾山ハイキング

4月に入り、かなり気候も暖かくなってきましたね。

さて4月1日には事務所にいる職員で高尾山へ

山登りに行ってきました。

高尾山はケーブルカーやリフトが完備されているところやコース上に茶屋やトイレなどが整備されている点も人気を集める材料となっています。

また、高尾山口駅から山頂まで登山するコースも4本あり、初心者から、中・上級者まで楽しむことができるのも特徴です。

前日は雨が降っていたこともあり、かなり足場は滑りやすく

足元に注意をしながら登ることにしました。

今回職員が挑戦したコースは6号路(びわ滝コース)で、特に雨上がりの際には

気を付けて登る必要がありました。

このコースは自然を感じられるコースになっており、道中には岩屋太師という

昔からある伝説の祀った祠のようなものがありました。

是非皆様も気分転換に山登りはいかがでしょうか。

3月分から社会保険料が変わります

協会けんぽに加入の方は
3月分(4月納付分)から社会保険料が変更となります。
その他の組合に加入のみなさまも今一度、変更がないかを
ご確認くださいませ。

3月、4月が切り替えのタイミングとなりますので
何月分の給与から変更になるか
保険料の徴収時期にぜひお気をつけください。

定額減税

事業主の方へ税務署より案内が届き「何の事だろう?」と
弊所へのお問合せが増えてきた定額減税。

先週、事務所内でも勉強会を行いました。

国税庁のHPを見ても関連様式が正式に仕上がってないまま
掲載されていたりと事務方が追い付いていない印象で
見切り発車な感じも見受けられます。

給与所得者分は6月支給の給与・賞与から減税
個人事業主分は第1回目の予定納税から減税されるとのこと。

「各人別控除事績簿」や「源泉徴収に係る定額減税の為の申告書」
など、名前だけでは何をしたら良いのか分からない書類も増え
ややこしい限りですが、弊所では事業主様向けに分かりやすい案内も
ご用意いたしましたのでお気軽にご連絡下さい。

また、詳しい案内は国税庁のHPに特設ページがございますので
こちらもご確認下さい。

https://www.nta.go.jp/users/gensen/teigakugenzei/index.htm

確定申告期限

 明日、3月15日は令和5年分の確定申告の期限となります。
通常の青色申告控除を受けたい方、納税になる方は
期限内で申告及び納税を済ませるようにご注意下さい。

但し、払いすぎた税金の還付を受けるための「還付申告」は例外です。

3月15日までという縛りもなく、申告可能になった日から数えて5年以内 でそれまでに一度も提出していなければ、
いつでも還付での申告書を提出でき還付を受けることができます。

令和元年分の還付の確定申告書は令和6年12月31日まで提出可能です。

給与所得者で配偶者の所得が低かったけれども
扶養に入れていなかった方など年末調整でできなかった控除を
確定申告で行う事も可能です。

収めすぎた税金がある方は諦めず申告を検討しましょう。