新型コロナウィルス感染防止と熱中症予防

緊急事態宣言が解除されて1ヶ月以上たちました。
休業要請も段階的に緩和され、少しずつ日常がもどりつつあります。
ですが、今後も新型コロナを意識しながらの生活が続くと思われます。
またそんな中、九州や東海では大雨による土砂災害・河川氾濫が起こっています。
心よりこれ以上の被害が起きないことを祈ります。

マスク着用が当たり前となりましたが、厚生労働省では
「夏期の気温や湿度が高い中でマスクを着用すると、
熱中症のリスクが高くなる恐れがある」として、
場所によってはマスクを外すなど、熱中症予防を呼びかけています。

・換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの設定温度をこまめに調整

・屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合はマスクを外す

・マスクを着用している場合は負荷の強い運動や作業を避け、喉が乾いていなくても小まめに水分補給する

・適宜、マスクを外して休憩する

・暑さに備えた体力づくりをする

基礎体力は大切ですね。

新型コロナのりこえて、改めて安全で安心な社会・経済づくりへ

新型コロナウイルス感染症対策での「緊急事態宣言」も、ようやく「解除」とはなったものの、「次」に備える不安な日々が続いております。
皆様、さぞかつてない形のご苦労続き、と存じます。
 
また、市民の生活・経済・健康に直結する皆様のご活動にとって、このところ打ち出されて来た政府や東京都・各自治体などからの緊急の「自粛」要請とその裏打ちとなるべき 緊急対策や「補償」などの「効果」の方はいかがでしょうか?
 
働き方や子供の教育などを含めた総合的な対応策が一層切実に求められてきております。
 このところ、各方面から、このコロナ禍の「感染抑止と経済・社会的活動の再開」のためには、「長丁場の一体的な取り組みが何よりも必要」と強くいわれてきております。

健康には一層ご留意いただきながら、ぜひご一緒に、このコロナ禍を乗り越えて、
事業も暮らしも安全と安心に向けて進められるようにがんばってまいりましょう。
緊急の各種制度のご利用やその他ご心配・ご不安のことなども、どうぞご遠慮なくご相談ください。

緊急事態宣言

新年あけてから時が過ぎるのは早いもので、四月ですね。

さて、世界的に猛威を振るっている新型コロナウィルスの対策として先週に引き続き、ゴールデンウィークまでと二回目にして長期の休業及び外出自粛要請が出されました。

桜も場所によっては既に散ってしまい、休日にふらっとどこか出かけたくなる時期ではありますが、なかなかそうはいかないものですね。
自分は平気と思っていても周りに感染させてしまう恐れがありますので、なるべく不要不急の外出を控えるようにしていただけたらと思います。

はたしていつ頃までコロナウィルスの混乱が続くのでしょうか・・・?

日々の楽しみ

コロナウイルスの猛威に恐怖を感じ
精神的にも疲れを感じている方が多いのではないでしょうか。
私もそのひとりです。

これから長丁場になりそうな戦いの中、
少しでも気持ちを楽に持てるよう
日々の楽しみを大切にするようになりました。

些細なことでイライラしがちな時期ですが
今回の緊急事態宣言によって早期に終息へ向かうことを
祈って、乗り切れればと思います。

現在、コロナウイルスに関する緊急融資等が発表されております。
気になる点等ございましたらお気軽に弊所までご連絡くださいませ。

コロナウイルス貸付金・補助金について

新聞・ニュース・ネット配信などあらゆる媒体で新型コロナウイルスの話題一色となっております。

経営者の皆様は、借入をご検討の方も多いのではないのでしょうか。政策公庫、商工中金等 色々なところで貸付金の相談窓口がございます。利子補給などもありますが詳細はまだ検討中のようですね。

政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html  
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_faq_jisshitsumurishika_chusho.pdf

商工中金
https://www.shokochukin.co.jp/disaster/corona.html

東京都では感染者数が毎日発表され戦々恐々の日々です。手洗いうがい、3密を避ける等一人ひとりの心がけで早く終息することを願っております。