東京オリンピック開幕

梅雨が明けたと思ったら真夏日の連日。
身体が暑さになかなか慣れません。

そして緊急事態宣言中、東京オリンピックが開幕しました。
いろんな意見がありますが、選手たちの姿に純粋に応援したい気持ちになります。
そして次々にメダル獲得のニュースが飛び込んでくるとワクワクします。
コロナ禍でいろいろな制限がある中、希望を届けてくれるスポーツの明るい話題は
委縮してた心が躍る感覚を感じます。

どうか皆様、しつこいほどお気をつけて。

色々と重なる夏本番、よく見極めながら。

普段なら何かと期待の高まる梅雨明けと夏本番。

でも、今年は、猛暑・豪雨を含めかなり違う様相の夏になろうとしているようです。

昨年来の新型コロナの感染拡大がこのところ残念ながらまた勢いを増し、東京・神奈川などで4度目の緊急事態宣言となり、報道によれば、飲食関連営業、文化・スポーツ等のイベントや仕事、市民生活まで、広く人の集まりがさらに厳しく制限され、各種のトラブルも起きています。

そんな中で、今週には東京オリンピックが開始され、8月下旬からはパラリンピックが続く予定です。

しかし今は、ワクチンや検査の早期の完全実施、商売等での収入補償など、有効な感染防止と生活対策の推進こそが求められている時であり、五輪開催はいかがか、逆行ではないか?の世論も5割を超えるほどに高まっています。

「五輪開催がまるでイチカバチかの賭けのような扱いになっており、賭けられるのは国民の命ではないか?」「五輪をやるなら自粛なんてしない」「政治はもっと国民の命に責任を持て」と問う市民の声や行動も報道されています。

それにしてもパンデミックでの五輪開催は歴史上でも初めてのこと。これからも一喜一憂せず、自分を鼓舞しながら、報道を通じてよく見、聞きし、見極めながら進む夏なのかな?と思っています。

新コロナのワクチン接種もこれからが山場のようです。

皆様、猛暑にもどうぞ、十分ご自愛のほど。

梅雨明け

セミの声が聞こえてきて夏だなと感じられるようになりました。

今年は梅雨が一か月しかなく、大気の変化が激しい年だったと感じました。

去年は梅雨が長かったのですが、今年は早かったりと10年前と比べて日本の季節は全く異なっている気がしますね。

夏といえば海ということで、海へいかれる方も多いのではないでしょうか。

今年は東京オリンピック2020年が開催されるということもあり、外出を控える方も多いと思いますがご自宅のプールなどで涼むなんていうのも良いかもしれません。また、オリンピックに伴い祝日がずれて通常の休みが平日に変更になっている日もあれば、平日が祝日になっている日もございますので日程を組む際は十分に気をつけながら組んでいただければと思います。

テレワークに係る費用

新型コロナウイルスが流行して早1年半。

テレワークやオンラインで仕事をする機会が
増えてきていることと思います。

そこで今回は以前、国税庁より公開された
テレワークに係る費用負担等についてご紹介します。

具体的にはテレワークとなり自宅で使用した電気代、通信費等の
従業員への支給の取り扱いが明記されております。

例えば、従業員へ自宅で電気代がかかっているだろうと配慮し
5,000円の手当を付与した場合、給与として課税することとなります。

キーワードは『実費精算』

国税庁にて発表された計算方式により
実費分を計算し、支給した場合は給与として課税しなくて
よいとのことです。

実際にここまで細かく計算をすることがあるのかは疑問が残りますが
支給する際はお気をつけください。

(参考)
在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得税関係)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0020012-080.pdf

キャッシュレス決済有料化

7月になり、今年も早いもので半年が過ぎました。今年はオリンピックも控え、あっという間の一年となりそうです。
7月から、これまで無料だったスマホ決済の手数料が順次有料化されます。加盟店は決済額の3%程度の手数料が引かれて入金となるため、その分の利益が減ってしまいます。
非接触で現金を持ち歩かなくて良いキャッシュレス決済、需要が今後減ることはなかなか考えにくいので続ける店舗が多そうですが、コロナで苦労されている飲食店や小売店には悩みが増えるばかりです。