3月分から社会保険料が変わります

協会けんぽに加入の方は
3月分(4月納付分)から社会保険料が変更となります。
その他の組合に加入のみなさまも今一度、変更がないかを
ご確認くださいませ。

3月、4月が切り替えのタイミングとなりますので
何月分の給与から変更になるか
保険料の徴収時期にぜひお気をつけください。

定額減税

事業主の方へ税務署より案内が届き「何の事だろう?」と
弊所へのお問合せが増えてきた定額減税。

先週、事務所内でも勉強会を行いました。

国税庁のHPを見ても関連様式が正式に仕上がってないまま
掲載されていたりと事務方が追い付いていない印象で
見切り発車な感じも見受けられます。

給与所得者分は6月支給の給与・賞与から減税
個人事業主分は第1回目の予定納税から減税されるとのこと。

「各人別控除事績簿」や「源泉徴収に係る定額減税の為の申告書」
など、名前だけでは何をしたら良いのか分からない書類も増え
ややこしい限りですが、弊所では事業主様向けに分かりやすい案内も
ご用意いたしましたのでお気軽にご連絡下さい。

また、詳しい案内は国税庁のHPに特設ページがございますので
こちらもご確認下さい。

https://www.nta.go.jp/users/gensen/teigakugenzei/index.htm

確定申告期限

 明日、3月15日は令和5年分の確定申告の期限となります。
通常の青色申告控除を受けたい方、納税になる方は
期限内で申告及び納税を済ませるようにご注意下さい。

但し、払いすぎた税金の還付を受けるための「還付申告」は例外です。

3月15日までという縛りもなく、申告可能になった日から数えて5年以内 でそれまでに一度も提出していなければ、
いつでも還付での申告書を提出でき還付を受けることができます。

令和元年分の還付の確定申告書は令和6年12月31日まで提出可能です。

給与所得者で配偶者の所得が低かったけれども
扶養に入れていなかった方など年末調整でできなかった控除を
確定申告で行う事も可能です。

収めすぎた税金がある方は諦めず申告を検討しましょう。

あと1週間

所得税の確定申告期限まで残り1週間となりました。

申告を終えていない方は、あと少しですので

体調を崩さないようお気をつけください!

さて、今朝は東京でも雪が降り、冬に戻ったような寒さです。

今年は暖冬で、ウィンタースポーツ愛好家としては

さみしい年ではあったのですが、結構な雪が各地で

降っているようで、まるでシーズンインのような気持ちに

なっています。

春を待ち望んでいた方には申し訳ないのですが、

もう少し遊べると思うと楽しみです!!

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

当事務所では、相続税など、税金の相談を常時受付けしております。

まずは、お気軽にお電話にてご相談ください。

http://www.kaikei-plus1.com/soudankai_seminar/soudankai_teiki/

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

3月突入

所得税の確定申告が大詰めです。皆様、進捗具合は、いかがでしょうか。

給料や年金の源泉徴収票のご準備はお済みですか?まだでも今なら、まだ間に合いますので再発行の請求をしてください。

今年の締め切りは3/15金曜日ですので例年ギリギリの方は作業が平日になってしまうかも。是非、早めの処理をお勧めします。

また、消費税の個人の確定申告の提出期限は3/31(今年は日曜日なので4/1月曜日)ですが消費税は所得税申告と密接な関係がございますので是非、所得税の確定申告の処理と同時に仕上げることをお勧めします。

あと半月、体調を崩さないように頑張りましょう。